介護ソフトで業務効率アップ|充実したサポート機能

介護

介護現場で使われる

PC

コンピューター操作が苦手な方や障害者向けに作られたソフトとして、介護ソフトが販売されています。介護ソフトはあくまでも介護現場で使用されることが前提となっており、主に個人情報の管理がしやすいのが特徴です。

詳しく見る

ソフトの導入

介護

現在は介護事務所の負担を減らすために介護伝送ソフトを導入している企業が増えてきています。民間業者の間ではパッケージ型よりもASP型ソフトが主流になってきているようです。

詳しく見る

充実が期待できる

アルツハイマーの治療方法を一挙公開しているのがこちらです!最新情報も満載ですので一見の価値ありですよ!

経営をサポートしてくれる介護ソフトのASPが気になる方はコチラへ。様々な機能が紹介されているのでチェックしてみてください。

障害者事業対応介護ソフトの現状

介護

介護事業が徐々に浸透してきており、それにともない介護保険の請求や業務記録をサポートする介護ソフトも充実してきました。煩雑な請求業務や請求の根拠となる日々の記録を少しでも楽にするために便利な機能が出てきています。 一方、障害者のための事業は平成18年の障害者自立支援法施行から現在の障害者総合支援法に至るまで請求事業のための介護ソフトは出てきてはいますが、記録等をサポートする介護ソフトはまだまだ十分ではないのが現状です。 人は必ず加齢していきますが、障害者は常に少数です。また、障害者と言っても障害種別は多岐に別れることもあり、必然的に障害者の事業は小さなパイになり介護ソフトを開発するメリットは少ないのかもしれません。

これからのソフトって

繰り返しになりますが、障害者をとりまく制度は細かく変わってきています。過去の措置制度から支援費制度、そして自立支援法そして現在の総合支援法と変わってきています。このことは財政的な理由もあると思いますが、日本での障害者の生き方の変化もあると思います。今までの入所施設中心から地域生活を中心とするため、過去の制度では困難であったサービスの提供や複数のサービスの組み合わせ等が可能になってきています。 そのような中で介護ソフトを導入しても都度制度変更に伴う、サポート等で料金が発生したり、システムの変更があると躊躇してしまう事業所もあると思います。 日本の障害者をとりまく制度が安定してくることで介護ソフトもまた充実していくのではないでしょうか。

充実したソフト選び

PC

介護ソフトの多くの種類やサービス内容のサポートが充実しています。使い勝手の良い機能やトラブルが合った場合にサポートがあるのか確認をすると良いでしょう。介護ソフトによって機能が異なってくるので、最適なソフトを選ぶことが大切です。

詳しく見る